早め早めに

引渡し後の訪問販売によるトラブルがあります。

引渡し間もない時は、引越しのラッシュでエントランスのオートロックが解除されており
誰でも出入りできちゃうことがよくあります。

「消防署の方から来ました」という消火器の訪問販売(正確には消防署の方角から来た、
消防署とは全く関係ない会社)から、「設備の点検にきました」「床の説明にきました」という
あたかも売主の系列や関係会社を装った訪問販売など。

そもそも、どさくさにまぎれて入ってくる訪問販売は、そうせざるを得ない理由があるから
そのような販売スタイルをとっているのでしょう。

私の家にも、「水質の調査」と言って水道局から来たようなセリフを混ぜて話す業者が
来たことがあります。
断ると「えぇっ!!やならいんですかっ!?やばいですよ!」なんて玄関先で騒ぐものですから
出て行って猛反撃してやりましたが・・・・

今、私の依頼者が「床の説明にきた」フロアーコーティングの訪問販売で困っております。

コーティングがだめとか、扱っている会社全てが悪いとかそういうわけではありません。
正々堂々とやっているならば、まだいいです。
しかし、現実にトラブルが起こっています。

きっと、同じようなケースで困っている方がたくさんいることでしょう。
何とも許せない気持ちです。
製品がどうのこうの以前に、やり方が汚すぎます。
一生に一度の買い物をしたと胸を高鳴らせている人の心理を利用した手口が気に入らない!

少しでも疑問に思ったり、何となく納得できないようなことがあった時は、すぐにご連絡下さい。
さくら事務所では、アフターフォローをうたっていますが、そんな時こそ活用していただきたいと
思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP