受け止める~新築マンション内覧会同行~

いわれたことに対して、やりたくないビームを発する人がいれば
前向きに検討する人もいます。

ケースにもよるでしょうが、さまざまなタイプがいるでしょう。

明らかにおかしい納まりで、「仕様どおりです」なんてセリフを聞くと
「どうしてそうなのか?」と聞きたくなっちゃいます。
そんなときは、決まって「そういう仕様なので。。。」と、答えにならない答えが返ってきます。

物件自体の仕様に文句をつけるつもりはありません。
しかし、明らかにこのままでは、水漏れしてしまう可能性がある。
マンションであれば、全ての部屋でその可能性も。

「そうですね。気がつきませんでした。このままじゃまずいですね。やりましょう!」と、
売主さんと施工会社の方が真摯に受け止め、動いてくれました。

急にきた私の意見なんて、あまり聞きたくもないのが、少なからずあるかとは思いますが、
それでも前向きに、物事の真偽を受け止め行動できるのはすばらしいですね。

これこそ、次に活かしてほしいです。

対処しなくても私が困るわけではありません。

あなた方の造ったマンションに住まう多くの住人が困るのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP