信用ならない!そうなる前に・・・・

再内覧会や定期点検などのご依頼をいただく理由で多いのが・・・

そもそも直すべきか判断できず、またどのように売主へ伝えたらよいかわからない
など。

しかし、やはり。。。。というか一番多いのが、

「売主(又は施工会社)の今までの対応が悪すぎて、信用ならない!」
というものです。

そのほとんどが、何でこの問題レベルで、そこまでお互いが感情的にならざるを得なかったのか
理解し難いものです。

もっと手前の段階で何とかできたはずのものばかり。

信用されない、信用できない、それぞれ別々の立場ですが、何とも寂しい話です。

どっちが悪いかの判断をして、糾弾するのは意外と簡単なものです。

しかしねぇ。。。。それだけでは何とも後味が悪いでしょう。
結局は、「ひと対ひと」なのですから、もっともっと手前で人として何をどのように
伝えたら良いかを考えるべきだと思います。

極論かもしれませんが、会社の都合を前面に出しても良いと思います。
しかし、その背景や個人としてできることや考えをしっかり伝えるべきだと思います。

きっと、ここが足らないのだと思います。
人間って気持ちさえ通じていれば、たいていの事柄は何とかなるものだと信じています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

↑ PAGETOP