大人をなめるな2

昨日の続きです・・・・

まぁ、ここで表現するのは難しいですが、ちょっと胸ぐらをつかみつつ
(暴力は振るっていませんよ!)厳しい口調で説教を続け、身元の確認を
したりして、今後やらないという約束とともに開放してあげました。
もちろん、中学生が持っていた紙に文章として残して。(←何事もこれが重要)

はっきり言って、こういうのは学校がどうこうより、親のしつけが大部分をしめていると
思います。

とは言え、他にも数グループいるようでしたので、聞き出した中学校の担任の
先生に電話で連絡を。
今回は見逃すと本人には言った手前、名前は伏せたまま事態を伝え、
他の生徒へも注意をうながして欲しいとお願いをしました。

「わかりました。明日の朝、全クラスにてピンポンダッシュをしないよう注意します。」
との返事が。

ありがたいのですが先生がピンポンダッシュって言葉を使うのかい・・・・
まぁ、それはおいといて。

それから3週間ほど経過しました。
今のところ、ピタリとピンポンダッシュがなくなりました。

この話を、周囲の人に話すと「最近の中学生は怖いよ~何されるかわからない」という
意見が多くあります。
確かに、切れやすいとかとんでもない事件とかたくさん存在します。

しかし、ダメなものはダメだと、大人が言わなくてどうするのか?

子供の顔色ばかりをうかがっていても良い結果が生まれないと思います。

怖いから言わない。
言わないから怖いことをするようになった。

鶏が先か卵が先かと言うような変な話ですね。

とりあえず、大人をなめるな!

そう胸を張って言えるような大人で居続けたいですね。

しかし・・・・中学生にもなって何をやっているんだか。。。。。

「こんなことやって何が面白いんだ?」と聞いたら、「いえ・・・面白くないです」と。

ん~~~意外と根が深い話かもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP