トイレのロータンクは背面の壁とぴったんこが仕様です!?~新築マンション内覧会同行~

トイレのロータンクと背面の壁がぴったりくっついています。

 

手洗があるロータンクの場合、当たり前ですが「手洗をする」ことは、想定内でしょう。

(言うのもバカバカしいくらい当たり前ですよね・・・・)

 

大人ならまだしも、子供が手を洗って背面の壁に水が飛んだら拭くことができません。

 

それも、ずーーーーっと。

 

この不具合を指摘すると、施工会社から決まって以下の内容の返答が。

 

1.うちは背面の壁にぴったりくっつけるのが仕様です。(その根拠はあいまい)

 

2.背面に隙間があると埃がたまるのであえてぴったりくっ付けています。

(トイレの中でどんだけの埃がこんな隙間にたまるんだよ・・・・?)

 

3.天井の照明の真下に便座が来るようにして機能性を優先しているのでいるので、

結果的に背面がぴったりと・・・・

(機能性って・・・・背面の隙間を1cm確保したとして、座る場所が1cm前に

来るわけだけど、明るさなどそんなに影響あるんか?)

(そもそもウォシュレット使用時は微妙に体の位置を移動するぞ!←これは私だけかもしれないが・・・・爆)

 

と、こんな感じです。

 

とてつもなく隙間を確保する必要はないでしょう。

ちょっとタオルや雑巾が入る程度(最悪1cm程度でもなんとかなる)あればいいのに。

 

確かに完成してから便器を移動して背面の隙間を確保するのはいろいろと制約があります。

排水管の位置や取り合いなどなど・・・・・・

 

ただね、住む人はこれからずーっと、しかも毎日このトイレを使うんです。

何というか全ての説明が言い訳にしか聞こえません。

 

しかも、今回は現場の主任が言い訳「1」を説明に来て、その後現地を確認した

現場所長があわてて言い訳「3」をしに来ました。

照明の位置を優先したら、背面がくっついちゃった。

施工誤差があるので、くっついていない部屋とくっついている部屋が存在すると。

 

「ぴったりくっつけるのがうちの仕様です!」と、最初は胸を張って言ってたのは何だったの?

わずが10分程度でころころと説明が変わる始末。

もうこの時点で、「住む人関係ない自分たちの都合」しか感じられない。

こんなことしちゃダメだよ。

 

今までこの指摘は数多くしています。

関連記事はこちら

さくら事務所の頃から数えるとかなりの数になるし、もう10年近くこの指摘内容は

存在します。

この業界、変わったようで変わらないようです。

 

購入者の声がもっと増えれば変わるのでしょうか?

 

無理な要求は嫌いですが、このような生活をする上で当たり前な要求は必要です。

今までこの指摘事項をして直らなかったことはありません。

直るんです。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

↑ PAGETOP