どぉーでもいいだろ!

またまた、トラブルのお話が。。。

何でまた、小手先の対応しかしないのでしょうか?

工事期間が終わって、保証期間に入ります。
いわゆる、瑕疵担保期間です。
施工側の不備により生じた瑕疵については
その部位により決まった期間内は無償で対応する。
こんな感じのものです。

先日も聞くことがありましたが、
「補修費用がかかるんだよねぇ」と言うセリフ。
業者さんが放ってくれた言葉です。

この類の話は、よくあります。
購入者に対しては「瑕疵担保期間内は無償で」。

しかし、職人が動けばどこかでその金額が発生しています。
(その職人の責任である等の時は、例外ですが)
それは、わかります。

竣工後のアフターメンテに対する補修費用と言う項目の予算。
たいていの施工会社では、請負代金の○%とか、自社の基準で
とってあるでしょう。
しかし、使わなければ丸々利益なわけですし。。。

まぁ、そんな話はどぉーでもいいんですよ!

購入者にとって、その出どこがあるんだか、ないんだかなんてね。
目の前でそんな話を聞かされて、信頼して補修工事をお願いできますか?

こんなケースでも、その後の対応で挽回してきっちり対応してくれている所もあります。

でもね、何でも後からの対応って大変なんですよ。
最初からきっちり行きましょうよ!プンプン

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP