本当のところ

とある物件での不具合について、施工した職人さんにヒアリングをしました。

色々と、マニアックな細かい質問をさせていただきました。
みなさん、自信を持ってしっかりやったと力強くお話してくれます。

しかし、肝心な「何故、そうなったのか?」については、結局のところ結論は出ず。

不具合が出るからには、必ず何かしらの原因があります。
自分たちの持ち場だけでなく、何かしらいつもと違う状況が存在していた事でしょう。

その場には、ゼネコンさんもおり、なかなか言いにくい面もあったかもしれませんが。。。
確かに、不確実な事を発言し、「余計な事を言った」と見なされれば、今後の仕事の受注に
影響があるかもしれませんし。
かといって、隠していたとは思えない感じの雰囲気でもあります。

ん~~~~何故なんだ??というのが、皆さんの率直なところかもしれません。

しかし、必ず原因は存在します。
1つの建物を造るというのは、1人ではできません。
何人もの協力が必要なのです。
自分の担当分野をしっかりやることは、当然ですが、それ以上のことをしなければ
予期せぬ不具合なんて消えません。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP