笑い事?

バルコニーの手摺に力をかけると、グラッ!
内覧会でよく見かける光景です。。。って、そんな状況やばいでしょう!!

本日の内覧会、売る側の人間がだぁーーれも立ち会わない、ひじょぉーーに寂しいスタイル。
室内の仕上がりも特別な問題がなく終盤を迎えていました。
施工会社の方をお呼びして、最後の確認をしていました。

その中に、バルコニーの手摺についての指摘項目があります。
手摺が落ちるほどではありません。
手摺をつけるスペースは、通常、開口部となっています。(まぁ。。。当たり前ですが)
その開口部に対して、手摺自体の全長が短く、強引にサイドをボルト固定している為
取り付け金物が曲がってしまっています。
そんな無理な取り付けって、いつかバッコーン!ってはずれるのがオチです。
実際、力をかけて揺らしてみると、少し怖い。。。

それを、施工会社の方へお伝えしたときのリアクション&お言葉。

「ぷっ。笑っちゃいけないですね」

はい、その通りです。笑っちゃいけません。
と言うか。。。。何と言うか。。。。。。。。そんなリアクションあり得ませんから!!

会社名によっての出来具合は関係ありません。
常にお話している通りです。

しかし。。。。そんなんだから、あんたんところは手摺がぐらつく確率高いんですよ!

もっと、真剣に建物を造りましょうよ。
一瞬、本当に斬りたくなりましたよ。
上の言葉を、心の中で叫ぶだけでやめときましたけどね。。。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP