納得

再内覧会、再々内覧会のお話を聞きます。

「初めからそうやってればなぁ」
と言うものが多々見受けられます。
それはそれで良い事だと思いますが。

その修繕方法が「ベストな方法」であったとしても
購入者は、「本当に大丈夫なのか?」と言う不安が付いてきます。

やはり、一度信頼を失うと、回復するにはかなりの努力が必要なのですね。

今日は、そのような内容のメールをいくつか頂きました。
重なるときは重なるものだなと、ちょっと驚きましたが。

購入者は、きっちり説明を受けて下さい。
事業主・施工側は相手の目を見て、しっかり誠意を持って説明して下さい。
納得行くまで話してください。

「不満な気持ちのままでなく入居できそ うです。」
ある依頼者の方のメールの一文です。

これは、すごく大事ですね。
妥協ではなく、納得する。

新生活のスタートに、違いが生じるのは当然の事ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP