違い

物件の出来は、会社の名前では判断できません。
同じ会社が手がけたものでも様々です。
同じ物件でも、部屋によって仕上がり具合が違うくらいです。

20049402

20049401

上の写真の違いがわかるでしょうか?
大きな箱はエコキュートです。
このエコキュートと給気口のキャップの位置関係が違います。

給気口とは、室内に外気を取り入れる場所です。
そこに箱がかぶってちゃ、だめです。
まぁ、普通に考えてもそうでしょうね。。。。フツーにね。。。
ゼネコンの所長さんに質問していても、「知っていました」とのお答え。
設計と相談してOKだったとのこと。

で、「何でOKなの?」って質問には、「。。。。。。。。。」と。

おそらく、給気効率には安全率があり、その範囲なのでしょう。
しかしねぇ。。。きっちり把握して説明下さいよ。
「。。。。。。。。。」では、購入者は不安になりますって。

その他にも厳しい内容の修繕項目もあるし、物件全体への不信につながっちゃいますよ。

しかし、本当に同じ物件でも部屋による違いが顕著に確認された日でした。

では、「当りの部屋で良かった」「はずれの部屋で残念」など聞いたりしますが、これはどうなのでしょう?
何もなければそれに越したことはないですね。
しかし、他の部屋の状況が気になるのもわかります。
ここで重要なのは「直せるものはしっかり直して、気持ちよく新生活をスタート!」だと思います。

当日、同行した私としては、ショックを受ける方のお気持ちは良くわかります。
ですが、あえて上のコメントをさせていただきたいと思います。
本当に、だめだめでやばやばでしたら、はっきりお伝えしております!

人の手で作っているものですから、ある程度はわかります。
しかし、この「違い」がある状況は良くないのは当たり前です。

購入者の気持ちを考え、もっと事前にすべきことがあるばずでは?

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP