将来対応型情報分電盤

e794bbe5838f-025

ごくごく普通の情報分電盤。

ハブやルーターが納まったりしている盤です。

フタをあけてみると・・・・

e794bbe5838f-024

通常であればフタをあけると、いきなりハブが見えたりするのですが、なにやらプレートと黒いゴムバンドが。

その奥にハブと電源があります。

どうやら、将来的に必要な機器が増えた時のためにこのようなものを設置した様子。

なければないで、それなりにどこかに設置するのでしょうが、将来的にもこのスペースで完結できるよう対策しているとは、なかなか細やかな気配りですね。

言い方は悪いですが、それほど重要でないところに気配りしているって、とても大切です。

重要なところを削ってでもこれをやっているって事は考えづらいです。

重要なところを削っている物件は、こんなことやらないし、あちこち削っているものです。

欠陥住宅って、そういう心配りの欠如から生まれるものだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP