心遣い

依頼者をエントランスで待っていると、受付の方が出てきました。
「寒いでしょうから、中へどうぞ」と。

基本的に、依頼者との待ち合わせは、物件の前です。
来る前には、入りたくないですね。
私たちは、購入者ではないし、あくまでも依頼者と一緒でなければ
入る権利はないです。
変なこだわりかもしれませんが。(笑)

しばらくすると、また受付の方が出てきました。
「どうぞ」と、温かいお茶を差し出してくれました。
「えぇ!?私にですか?」もう、感謝感謝です。

何か嬉しかったですね!(物につられたわけではありません。。。念の為)

いざ、お部屋へ。

こちらは、キッチンのカウンター。

200503061

カウンターを固定するために、金物のアングルを使ったりします。

200503062

↑は、カウンターを裏側から見たもの。
金物に手が触れたら危ないので、先端に透明のゴムを取り付けています。
(掘り込んで平らにすればいいという突っ込みはなしで。。。)

危なかったりしたらそれを補えばいいのです。
何かあった時こそ、その時の対応の質が求められます。
見せ所でもあるし。

物件全体の雰囲気から、ささやかな心遣いを感じ取れた一日。
明日への活力が生まれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP