筋が違うだろ?~新築マンション内覧会同行~3月末竣工に間に合わない

終わっていない物件の内覧会。
しかも、3月末引渡しは厳守ということらしい。

まぁ、間違いなく終わらないでしょう。
絶対的に時間が足らない。

部屋には、直前に売主さんが検査をしたらしく、傷や汚れなどの箇所に
いくつもの付箋が貼られています。
一応、形だけは検査したのでしょう。
まだ、何もしていないよりはマシですが。。。

売主さんが部屋へ購入者を案内し、当日の流れなどを説明しています。

そして、「今付箋が貼られているところもチェックシートに記入してください。」といって
部屋を後にしようとしています。

自分達で勝手にチェックしてくださいってスタンス自体どうなんだよって感じのものですが
その上、売主の検査による指摘事項まで購入者に記入させるってどうなのよ?

「そんなの筋違いもいいところでしょ?自分で記入していきなさいよ!」

ここまで言われて、「それもそうですねぇ」と渋々記入を始める売主さん。

こんな時こそ、もうちょっと考えて行動してくださいって。
どう考えても3月末にまで終わらないのに実施している内覧会なのですから。
購入者にとって、何の意味もない不安感だけしか生まれないイベントにしかなっていないのですから。

部屋を後にする売主さんの最後のセリフ、
「記入漏れがあるかもしれないので、一応確認しておいてください。」

ふぅ。。。「だったら、あんたがもう一度見直ししていけよ!」

人の気持ちを少しは考えてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP