いてっ!!~新築マンション内覧会同行~引き戸の引き残しを安全のために確保

200702061 200702062

引き戸に指が挟まらないように、上の写真程度で止まるように引き残しを確保したりします。

しかし、以前に何回も伺った、ある大規模マンションでは下のような感じです。

200702063 200702064

いてっ!!ものすごぉ~~く、中途半端なところで止まります。
世の中には、最初から引き残しをつくらない物件もありますが、こんな中途半端なら
あえて引き残しを作らずに注意を促したほうが、まだマシです。

こんなところで止める意味なんて皆無です。

200702065

この戸袋側のストッパーの長さを1cmほど長くすることにより、何とか指を挟まなくて
済みそうなため、長いものに交換することに。

引き戸の施工時の注意点としては、間口の有効開口寸法の確保があります。
しかし、ここでの1cmはたいした問題となる懸念は見当たりません。
そもそも、このストッパーは簡単に外れるので、いざと言うときには何とかなります。

共通の仕様なのはわかります。
そのマンションの仕様に対して、いちいち文句を言うつもりはありません。

でもね。。。。いてぇ~~~ものはいてぇ~~のよ。
子供は、そのうち間違いなく挟んじゃうよ。
何のための「弊社の仕様です」なのよ!?

そもそも、もともとの短いものでも引き残しを確保できるはずだったのが、製作図のチェック段階で
ある寸法を間違えただけでしょ?

安全に暮らせてこその仕様でしょうに。
そこんとこ頼みます。

One Response to “いてっ!!~新築マンション内覧会同行~引き戸の引き残しを安全のために確保”

サブコンテンツ

↑ PAGETOP