穴はどこいった?~新築マンション内覧会同行~エアコン用スリーブが見当たらない

2007021501 2007021502

この写真には、あるはずのものが見当たりません。

2007021503 2007021504

正解はこちらです。

エアコンのコンセントがあるにもかかわらず、配管を出すためのスリーブが見当たりません。
たたいても。。。。。うぅ~~ん、わかんねぇ。

壁のボードを貼ったときに穴を開けるのを忘れたのでしょうね。
そのままクロスを貼ってしまえば、やっている人たちも一目ではわからなくなっちゃいます。

しかし、誰かはわかっていたはず。
キャップを付ける金物屋さんは、各部屋回って取り付けているでしょう。
そもそも、見積もりして発注して数量が決まっているのだから、必ず
余りが出ているはずです。

気付いていないはずはないです。
私が現場をやっているときも、同じような間違いをしたことがありますが、
その時は、金物屋さんが「おい!穴が開いてねぇぞ!」って怒って知らせてくれたものです。(笑)

そうやって、みんなに支えられながら一つの建物ができているのです。
何となく、このような指摘項目は寂しい気がしてならないです。

そもそもの問題は、人間同士のコミュニケーション不足でしょうか?
ヒューマンエラーを減らすための仕組みは、当然ながら必要ですがもっと大切なものが
どんどん減っていってしまっては意味がありませんね。

ちょっと大げさかもしれませんが、これは顕著な例かもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

↑ PAGETOP