職人の誇りはどこに?~新築マンション内覧会同行~

マンションの内覧会では購入者は、室内の内覧終了後に共用部の説明を受けたりすることがあり、
最近ではその時間を使って、内覧時の指摘事項を直してしまい、共用部の
説明が終わったころに部屋に戻りその確認を行うというケースが多くなりました。

たまたま私だけ部屋に残ることとなり、職人さんの手直しに立ち会う形となることも。

まぁ、依頼者が部屋に戻るまで待っているだけですが、職人さんたちの会話や
作業内容はどうしても耳や目に入るものです。
チェックするつもりはなくてもね。

私が誰だかわからないようで、まわりをきょろきょろと見渡して、購入者がいないことを
確認すると・・・・・

「こんなもんでいいでしょ?どうせすぐには、わかんないって!」と。

そして、「この直し方じゃぁ、住んでからまたなるけどね」とも言っています。
もうね、確信犯です。

おいおい・・・・それがわかっているなら、ちゃんと直せよ!
その場しのぎで、何をやっちゃってんの!?

もちろん、「そんなのダメでしょ!」と間髪いれずに突っ込みました。
かなりびっくりしていましたね・・・・・お前は誰だ!?って顔に書いてありました。

しかし、なんつー直し方を始めたんだ?と思った矢先にこんなセリフまで飛び出すとは。

どうせ手をつけるならきっちりやれよ。

私が監督なら、そんな職人は出入り禁止だな。
手間が安くなって真面目にやってられないのならば、やめちまえ!
誇りのない仕事には、何の存在価値もないでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

↑ PAGETOP