他人事? 新築マンション 内覧会 同行

マンションの内覧会では、ひと通り確認が終わったあとに、軽微な不具合については
購入者が共用部の説明などを受けている間に直してしまい、帰る前に直ったのを確認
してもらう・・・というスタイルの時があります。

先日、このスタイルの物件にてもろもろの理由により、「修繕タイム」に立ち会うことに
なりました。
次々といろいろな職人さんが来て直しては、その場で私が確認。
これは、本当にレアなケースです。

しかし、なかなか面白い。
やっぱり現場が好きなのかも。

そんなこんな(?)で、職人さんとも色々とお話をしたりしていると、
本音のトークが炸裂し始める。

他の業種の不具合を見て、「ん~~こりゃぁ、ひどすぎるね。」とか・・・・
何でそうなっちゃったのか、自分の専門分野でなくとも現場の人間ならばある程度は
予測できるものです。

その物件の関係者は、みんなある程度わかっているんです。
何故だめなのかを。

逆に言えば、どうすれば良くなるかもみんなわかっているはず。
ここがポイントなのでしょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

↑ PAGETOP