in名古屋

朝、東京駅から新幹線で名古屋へ。
一日、名古屋での内覧会立会い。

いざ、スタート!
しかし、雰囲気が重い。
何だろう。。。?
どうやら、第3者が同行する事があまりないため構えているようです。
しかし、私はともかく依頼者の方へ指摘事項を記入したシートの控えを
渡すのを拒んだのには驚いたデス。
サインをしたのだから、控えを下さいな。
結果的に、丁寧にお願いしてもらえましたが、
そんなに頑なに拒まなくても。。。。

終了後の車内での会話。
(S様、途中まで送っていただきありがとうございました!)

「改ざんするつもりだったんですかねぇ」

まぁ、そんな事はないと思いますが、指摘の内容と対応からして
そんな事言われてもしょうがないですよ?

慣れない地下鉄で、脚立とキャリーケースを抱えて移動し
午後の物件へ。(邪魔そうに見る周囲の視線がすこぉーし痛かった)
滑り込みセーフ。
事前に依頼者の方から、自身で平面図より3D画像を作成したもの
をいただいており、かなりの熱意を感じていました。
実際、現地を見ての感想。

「すばらしい!」

単に仕上がりが良いとか言うものじゃないのです。
「事業主」「施工者」「購入者」が打合せをし、意思疎通ができてるのを
感じる事ができるのです。
それを確認する為に、内覧会を行っていると言う感じです。

「本当いっぱい悩んでいっぱい勇気をだして買ったものでした」

若いご夫婦である依頼者の方からのメールの一文です。
私は、この文を読んでかなり熱いものが込上げました。
お会いした後であったし、その思いが伝わってきました。

みんな色々な思い・希望を持って不動産を購入しています。
それぞれの立場で、できることをする。
文字にすると簡単ですが、できることってたくさんあると思います。
それをすることにより、大きく変わるでしょう。

かなり、真面目に書きましたが帰りの新幹線では結構飲みました。
はい、すみません、ビールです。うまかったです。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP