やる気がない内覧会~新築マンション内覧会同行~

施工会社の方と設備機器などを説明してくれるアテンダントの方が

部屋まで同行する新築マンションの内覧会へ。

最近はあんまりなかったのですが、久々に飛び蹴りをくらわしたくなるような

ゼネコンマン。

なんというか、とにかくやる気がない! もうね、最初からです。

初っ端からやる気ゼロ。 そして言い訳が多い。

 

やる気がないなら、別の方に代わってもらってもいいですよ!

 

と言っても自分が言われていることも 理解していないくらい、ある意味マイペース。

 

挙句の果てに、私が近くにいない時は

「これは、今直さなくて様子を見てください」

なんて やりたくない光線を出しまくり。

フローリングの表層がはがれちゃってぷかぷか浮いているのに、

様子を見てくれってなんじゃそりゃ。

 

「そんなの、時間が経っても直るわけないでしょ!?」と言えば、

何やらもごもご言いながら どっかにフェードアウトしていくし。

 

せっかくの楽しみにしていた内覧会ですから、私だってその場の雰囲気を

考えて そうそう怒りませんよ。

今回は幸い、依頼者も心の広い方で激怒まではいきませんでしたが、

依頼者が怒っていたら その意を汲み、私もそれなりのご対応をさせていただいて

いたことでしょう。

 

プロである以前に、人として最低限の礼儀やマナーは必要でしょう。

それさえできない上に、技術論もありゃぁしないんじゃ、

その場にいる意味がないわけで。。。。

 

まずは、きれいな手袋をしてください。

 

そんな真っ黒な手袋でいろいろなところを触るなんて、ありえないでしょ。

何のために手袋をしているのでしょうね。

 

内覧会立会い時の手袋は、「自分の手を汚さないため」ではなく

「お部屋を汚さないため」 なんですよ。

 

その人の心構えが様々なところから垣間見えるものですね。

次回、お会いして同じだったら間違いなく飛び蹴りだな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

↑ PAGETOP