コーティング

最近、フローリングのコーティングについて意見を求められることがたくさんあります。

特別オススメはしておりません。
その理由としては、以下2つです。

1.数ある売主さん及びフローリングメーカーさんは、採用していない

商売としている以上、必要であるならば既に採用されているはずです。
しかし、採用しておりません。
必要ないとお考えなのでしょう。

2.費用対効果

コーティングすることにより、それなりの効果があることはわかります。
しかし、半永久的に持続するわけではなく、いずれは再度やり直す時期がきます。
それが、5年周期とかさまざまです。
そのつど、それなりの金額が必要となります。
10年経てば、2回コーティングすることとなりますね。
この場合、フローリングを張り替える金額と大差がないこともあります。

少し話が変わりますが、設備配管の耐久年数はご存知でしょうか?
10年~15年程です。
その時期に修繕を行います。
当然ながら、床や壁を壊すこともあります。
この時に、フローリングを張り替えてしまうことも可能です。
安い金額であれば、個人のお好みで気軽に採用できると思いますが
上記理由を考えると、費用対効果の面では疑問が残ります。

やはり、一番大事なのは消耗品であるフローリングをしっかりメンテナンスし
長持ちさせることだと思います。
まめにクリーニングし、ワックスをかけてあげる。
単純ですが、これに勝るものはないでしょう。

2 Responses to “コーティング”

  1. […] こちらで詳細を書いていますのでご参照下さい。 […]

  2. […] こちらで詳細を書いていますのでご参照下さい。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP