エアコン

img_20040812

エアコン本体の取付位置。冷媒管のルート。室外機のスペース。
引渡しを迎え、いざエアコンを購入して取付工事をお願いして初めてわかる問題点。
とあるモデルルームの冷媒管が、すとーんっと下に伸びています。
申し訳なさそうに植木鉢でカモフラージュ?

はっきり言って、邪魔です。
この配管があることにより、置ける家具等にも制限が出てきます。
このような事が、何もない入居前の状況では意外と気付かないものです。
モデルルームの中には、上記の写真のように見栄えが悪い部屋はエアコンを取付けず
その他の部屋は取り付ける等、普通に行っているケースも有ります。

そこで生活するイメージをしっかりと持ちましょう。
オシャレな家具にばかり目が行っては、大事なところを見落としてしまいます。

玄関の扉を開けたら、エアコンの室外機に当ってしまう。
くれぐれもこんな事にならないよう、気を付けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP