建築費コストダウン~新築マンション~VE(バリューエンジニアリング)とCD(コストダウン)の違い

「コストダウンされていないか心配です」と相談を受けることがあります。
もともと計画していたものを変更してまでコストダウンするのは論外です。
そして、表に出てこない部分でコストダウンするのは、ズルイです。
性能が同等のものへの変更、VE(バリューエンジニアリング)であればマシですが。

しかし、これが購入前であったら。。。
購入者の質問に対して、「コストダウンのために採用しませんでした」と答える売主。
正直ですねぇ。

そこを削らないほうが、もっと安心した生活ができるかもしれない。
しかし、それほど致命的な問題ではない。
表に見える部分で採用しないほうが、採用して隠れた部分でコストダウンされるほうが
もっと問題です。

物件の事業収支で予定からの増額となった部分は、建設費を圧縮するケースが圧倒的に多い。
ゆえに施工会社の請負(うけおい)ならぬ請負(うけまけ)の伝統が引き継がれているのでしょう。

建物全てにさまざまな配慮がされている物件なんて、まずないです。
「コストダウン=悪」という図式が、必ずしも成り立つというものではありません。

そこには、何らかの理由があり、それをご自身で納得できるかどうかが重要です。
表面だけでの判断はもったいないです。

コメントを残す

サブコンテンツ

↑ PAGETOP